ルノルマンカードリーディング初級コース終了しました。

ある法則でカードを並べると・・・
ある法則でカードを並べると・・・

初級コース終了しました

ルノルマンカードリーディング初級コース

クリスタルハーモニーのMariさんのサロンにて8/22、8/29開催いたしました。

クリスタルボウルの聖地のような、この場所でルノルマンカードリーディングのコースを開催できたことに感謝です☆

 

 

 

なぜ今、ルノルマンカードなの?

初級コースではカードの名前にもなっている「マドモアゼル・ルノルマン」が生きた時代背景などにフォーカスして学んでいきます。

 

フランス革命時、マドモアゼル・ルノルマンは王族、貴族、資産家、革命家さまざまな層の顧客をもち、活躍した女性と言われています。

 

現在、フランス革命のようなながれが起こっている・・・

ということになんとなくお気づきでしょうか?

なぜ今、マドモアゼル・ルノルマンの名前がついたカードがブームに?

 

マドモアゼル・ルノルマンはどのような女性だったか

タロット、カバラ、占星術などにとても精通していたようです。彼女の行動を追っていくと、ある種とても直感的で、リーディングによって受け取ったメッセージを即実行する、現実化するということにとても長けている女性だったようです。

 

歴史の授業というのは学生のときにはとても退屈でしたけど(笑)ルノルマンがたどった道を追っていくと、歴史的な背景とともに、さまざまなものがリアルに立体的に、ときにはまるで真逆?!のことが見えてきます。

それが何でカードと関係あるのかをお話すると、なるほど・・・と納得されるかと思います。

 

なぜ、カードが現実化の速度をアップさせるのか

外なるものと内なる世界、これは鏡面と言われますが、外側のコントロールが強すぎて内在するメッセージを引き出すことも容易ではない場合もあります。

ルノルマンカードはそういった心理的なブロックやパターンがリーディングの中に何度も出てきますので、視覚化されたテーマは取り組みやすいのではないでしょうか?

マインドを横へおいて、ゼロポイントでルノルマンカードをひく。

出てきたメッセージを実行するのも、放置しておくのも自由なのですが・・・・

 

ルノルマンカードでリーディングしたことは

現実化をスピードアップさせる。

 

という傾向があります。これはルノルマンカードの背景にある、普遍的な法則と体系に支えられているものだということがカードについて学ぶとわかってきます。

 

マインドからハートへスイッチ

歴史から始まったお話は、カードのリーディングへはいっていきます。このカードの魅力のひとつはシンボル(絵)にあります。一通りカードの基本の意味はお伝えしますが、初めてとは思えないほど、皆さんすらすらとリーディングができています。

 

あぁ、これが・・・ルノルマンカードの魅力の一つなのね。ペアを組む人同士、たくさんのミラクルとシンクロが起こるとハートは全開モードに。

マインドから入って、ハートの領域へ。最後は「終わりたくない〜」という嬉しい悲鳴まで聞こえてきました(笑)

 

また次回の初級コース開催やお茶会などが決まりましたら、お知らせいたします。